浴室のタイルにマグネットのラックを設置する方法【剥がせる耐水両面テープ】

こんにちは。

新居の浴室は、タイル貼り&シャンプーなどを置く棚がなく・・・

ぐちゃあ・・・

一応、少し綺麗にしました。

新居とはいえ、新築ではないので・・・。しかし、棚くらいはつけて欲しかった。

シャンプーなどが床に直置き状態。掃除が大変なので、早急に対策したい案件でした。

目次

浴室のラックに求める条件

ラックは床置きやハンガーバーに吊るすタイプなどいろいろありますが、

  • 使いやすい →手が届きやすい高さ、グラついたりしない
  • お掃除しやすい →床に直置きしない
  • 見た目も綺麗 →好みの問題

この3つかなと。3つめも、もちろん重要です!

山崎実業のMISTシリーズ・マグネットバスルームラック

先程の条件が満たせるものは何だろうと考えた末、選んだのがこちら。

山崎実業のマグネットバスルームラックです。

まず、使いやすさなのですが、山崎実業のマグネット収納シリーズは他のものを使用したことがあり、品質の良さやマグネットの強度は実証済みだったので、絶大な信頼を寄せています。

そして、壁に浮かせて固定できれば水切れが良く、カビが生えにくいのと、床の掃除がしやすいことが期待できます。

さらに、見た目ヨシ!しっかりとした作りのメタルボディに粉体塗装が施されていて、高級感あふれているところが好きです!山崎実業の収納商品はSNSでも結構人気ですよね。

ですから、これを設置すれば、きっといい感じに収まるはず! 

ただ問題なのが、浴室の壁がタイルであることです。この商品はマグネットでくっつけるタイプなのですが、タイルなのでくっつかないのです。

というわけで、マグネットがつかない壁にどうやって設置するかの試行錯誤が始まりました。

タイルにマグネットラックをくっつける作戦その1【マグネット補助板】

初めに用意したのが、セリアに売っていた「マグネット補助板」です。マグネットが付けられない壁でも、これを貼れば付けられるようになるという便利商品。しかも、剥がし跡が残りにくいということで、賃貸でも安心です。既に、キッチンのコーフィーフィルターホルダーをくっ付けるのに使用していたので、期待大。

1つでは強度が心配だったので、3つ並べてみることにしました。

こんな感じです。いざ、設置!ところが・・・

強度が全然無いっ!

ボトルをプッシュした瞬間に落ちてしまいました・・・。

ちなみに、マグネット補助板は耐荷重300gでしたが、×3で900gになれば、645gのラックが楽々くっ付くかな?なんて楽観的すぎました。というか、シャンプーボトルで優に越えてしまいますよね・・・。

タイルにマグネットラックをくっつける作戦その1【剥がせる強力両面テープ】

そして調べていった末に見つけたのがこちら。トスレのマグネポート用両面テープです!

専用の磁性プレートに使うもので、マグネットのフックをつけたりして使うものなのですが、今回はこの両面テープだけを使いました。

何とこの両面テープ、剥がせるのです!しかも、耐荷重4.8kg!さらに、水にも強い!

奇跡のような・・・かなり理想的な商品です。

無事に取り付けできました!もう2週間くらい使っていますが、落ちることなく使えています。

床がすっきりして気持ちがいい〜!

結局両面テープで接着するという強行をとってしまったので、マグネット機能は使えていないのですが・・・くっつけばそれでヨシ!ということで。

タイル壁のラック接着にはトスレの両面テープがおすすめ!

マグネットが使えない壁で嘆いているあなたに朗報です。

剥がせる、強力で、水に強い両面テープ、おすすめです!!

私が購入したのは4cm×29.7cmの細長いものですが、カットして使えるA4サイズのものもあるみたいです。

ちなみに、金属・ガラス・タイルなどツルツルしたものには貼れますが、凹凸のあるような面には使えないとのこと。お風呂はもちろん、キッチンや、扉などにも使えそうですね。

浴室の収納タイプいろいろ【床おきタイプ、ハンギングタイプ、壁付けタイプ】

最後に、浴室の収納に使えるいろいろなタイプの商品を見つけたので、ご紹介しますね。お家に合うピッタリなものが見つかりますように。

床置きタイプ

ハンギングタイプ

壁付けタイプ

【こちらはいかが?】DIYのアイデア

DIYのアイデアほかにも掲載していますので、あわせてご覧ください☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インテリアコーディネーター/テキスタイルデザイナー。多摩美術大学卒、インテリアとテキスタイル関係の職歴があり、インテリアコーディネーター資格保有。日々の暮らしの充実、理想のインテリアの追求を生きがいにしています。

目次